厄介ないぼの悩みは治療で解消【専門のクリニックに申し込み】

美容整形で切除する

女性

顔の悩みを改善できます

いぼの治療は一般的に医療機関でしかできません。保険が適用される場合もありますが、基本的には美容整形の施術を受けられるクリニックに通って治療する人が多いです。いぼ治療を行っている美容整形では切除法と電気凝固法と呼ばれる方法を選択できます。いぼの大きさによっても適切な施術方法が異なってくるために、美容整形ではカウンセリングが重視されています。小さなものならば液体窒素を使用する方法や、電気凝固法が有効です。大きないぼを切除するときにはレーザーを使って治療を行うクリニックもあります。切除法ならば1回だけの施術で綺麗になる点が特徴です。電気凝固法では局部的に麻酔をしてから、高周波を患部に当てて除去を行います。麻酔をしてからの施術になるので、痛みが苦手な人でも安心して除去できます。いずれの施術でも時間がかからないために、数分でいぼを取り除くことが可能です。切除法でも電気凝固法でも施術を受けた当日からメイクや洗顔ができます。縫合している部分を避けてメイクをすることが大切で、施術が完了してから1週間後に再び美容整形を訪れて抜糸をします。施術後およそ2週間経過すると、自然に皮膚のかさぶたが取れてきますし、少しずつ赤みの症状も落ち着いてきます。いぼは医療の世界ではゆうぜいと呼ばれる症状で、年齢を重ねることで発生するものとウイルスに感染してできるものに分けられます。加齢が原因のものは年齢が60歳を過ぎた人の8割に発生する特徴があり、個人の体質も関係します。ウイルスが原因のいぼは他人に感染する恐れがあるために、早めに治療することが望ましいです。医学的な名称で分類すると、扁平疣贅、尋常性疣贅、老人性疣贅があります。扁平疣贅は顔などにできる種類のもので、小さくて色は肌色です。顔や手に小さな傷ができると、その部分からウイルスが感染して炎症を起こします。尋常性疣贅は角化性の病変で、これもウイルス性のもので放置すると徐々に大きくなる特性があります。老人性疣贅は顔などに数ミリから1cmほどの大きさでできるいぼで、皮膚のシミが盛り上がることが要因です。皮膚の表面で細胞が過剰に増えてしまうことで、シミが発生して部分的に盛り上がっていぼが形成されます。メラニンが原因で増殖しているために黒色をしています。現在ではいぼの除去治療をしている美容整形も増えていますので、医者が患者の症状を判断して最適な治療法を提案してくれます。レーザーを使う治療であれば、痛みを軽減できますし、顔などのデリケートな部分の症状であっても安全に治せます。

Copyright© 2018 厄介ないぼの悩みは治療で解消【専門のクリニックに申し込み】 All Rights Reserved.